大原則として、現代文は「文章をきちんと読む」ことを学んでいきます。

高校生くらいだと「現代文はセンスで解く。勉強するものではない。」なんて言う人がいますが、それは間違いです。現代文は論理的に解くもので、論理的な思考展開をする力が求めらるからです。

「センスで~」なんて言ってる人が難関大学に受かっていることはほぼありません。せいぜい平均どまりでしょう。それどころか、「文章をきちんと読む」ことができない人が大半を占めています。

現代文はセンスで解くわけではありませんから、きちんと勉強すれば必ず伸びます。そして、きちんと勉強して伸ばしていけるのがスタディサプリの現代文講座です。

スタディサプリの高3向け現代文の難易度・ラインナップについて

スタディサプリの高3向け現代文には、下記の3つの講座があります。

  • トップ&ハイレベル日本史<通史編>
  • トップ&ハイレベル日本史<文化史編>
  • スタンダードレベル日本史

難易度と偏差値の目安は下記の通りです。

講座の難易度 偏差値の目安
トップレベル 63以上~
ハイレベル 55~62
スタンダード 40~54

スタディサプリで現代文を担当するのは小柴大輔先生です。

小柴先生

Z会東大進学教室で講師を務めるほか、ロースクール(法科大学院)受験の予備校においても一般教養小論文を指導しています。

感覚ではなく論理的に答えを導く指導に定評があり、「現代文に対するイメージが変わった」と受験生から圧倒的な支持を集めています。

スタディサプリでは、現代文の他、小論文やAO・推薦対策講座を担当しています。

小柴先生の授業の様子は、以下の90秒動画をご覧ください。

スタディサプリに登録する

高3 スタンダードレベル現代文

有名私立大およびセンター試験の過去問を題材に、一本筋の通った読み方、解き方を指導する講座です。

入試本番での的中を狙ったオリジナル問題も収録しています。

授業一覧

  1. 入試現代文の導入 その1《評論》 入試現代文の導入 その2《小説》
  2. 異文化理解論・文化人類学
  3. 家族論・ジェンダー論・言語論(前編)
  4. 家族論・ジェンダー論・言語論(後編)
  5. 認識論・脳科学
  6. 《小説その2》母親と子供の対比
  7. 《小説その3》母親と子供の関係(継母と娘)
  8. 科学技術史・大学史
  9. 芸術論・音楽史・音楽社会学
  10. 日本語論
  11. 認識論・哲学論(前編)
  12. 認識論・哲学論(後編)
  13. 民俗学
  14. 旅論・異文化論
  15. 家族論
  16. 旅論その2
  17. 戦争論・近代化論
  18. 漢文学論
  19. 都市論・故郷論
  20. 文学論・文芸論
  21. メディア論・情報化社会論
  22. 《小説その4》日常と非日常の対比
  23. 日本文化論・建築論
  24. 言語論

スタンダードレベル現代文は、下記のサンプル動画をご覧ください。

スタディサプリに登録する